増谷朋子(2010年入社)

自分を過小評価せず、
まずやってみる姿勢を育みたい。

新しいことに自分なりに考えてカタチにしていくこと。その経験をたくさん積めるのが、川端工業だと思います。私も全く知識のないところからコンクリート製造の業務を任されて。県外のプラントや、モバイルミキサー車の販売元に問い合わせたりしながら、知識を習得し、同時に経験も積んでいきました。「今回は勾配がついている場所だから固めのコンクリートをお願いします」と、今では、こうしたご要望にも柔軟に応えることができます。初めての機械を触り、周囲に相談し、できることが増える日々はすごく楽しいです。

新しい一歩を踏み出す時、「自分なんかができるだろうか」と考えてしまうこともあるかもしれません。でも「おもしろそう!」「楽しそう!」と思ったなら、まずはやってみることをおすすめします。その過程で思った以上に活躍できる自分に出会えるかもしれません。やる前から過小評価するのはもったいない。奮闘するあなたを、先輩たちも支えたいと思うはず。あなたと一緒に働ける日を楽しみにしています。